介護老人保健施設 伊賀ゆめが丘

ホーム > 介護老人保健施設 伊賀ゆめが丘

介護老人保健施設 伊賀ゆめが丘

 介護老人保健施設「伊賀ゆめが丘」は、伊賀盆地のほぼ中央に位置する「ゆめが丘」という小高い丘陵地帯に瓦葺き3階建として平成17年に開設しました。
施設の特徴は、
①全室個室となっており、ご利用いただく皆様のプライバシーの保護、在宅復帰に向けたより家庭環境に近い生活、個々の状態像に応じた自由な生活時間作りを目指しております。
②ユニットケアという生活環境を通して、ご利用いただく皆様と職員がお互い寄り添い、家族のような人間関係を築いて参ります。
 当施設は、1ユニットを10人とさせていただき、ユニット単位での施設生活と専門職員が総合的なケア計画を作成し、お一人おひとりの生活リズムを職員が同時に体感させていただくことにより、ご本人そしてご家族様と共に安心と満足していただける施設生活をお過ごしいただき、早期の在宅復帰を目指します。

私たち社会医療法人畿内会老健グループは在宅復帰・在宅療養を支援いたします

 介護保険法での介護老人保健施設の役割は、在宅支援・在宅復帰のための地域拠点となる施設及びリハビリテーションの提供により機能維持・回復の役割を担う施設と明示されています。
今般、平成30年度介護報酬改定に伴い、畿内会老健グループは、それぞれの施設の特徴を生かし、老健の役割を果たして参ります。

老健おかなみ………超強化型老健
老健第2おかなみ…基本型老健
老健伊賀ゆめが丘……加算型老健

これからも畿内会老健グループは、地域の皆様にとって、有意義な施設として貢献できるよう努めて参ります。どうぞ宜しくお願いいたします。

基本型老健 ・・・ 在宅復帰・在宅療養支援等指標20以上

老健の基本的役割に加えて退所に際し療養上の指導を行っており、心身機能の維持・回復を図り必要なリハビリテーションを計画に沿って行い、適宜その評価を行っていること。 また、介護度の高い利用者数、喀痰吸引・経管栄養の利用者が一定数に達している施設をいう。

加算型老健 ・・・ 在宅復帰・在宅療養支援等指標40以上

老健の基本的役割及び基本型老健の要件に加え、在宅復帰に多職種で取組みを行い、退所者の内30%超が在宅(有料老人ホーム等を含む)へ退所する老健。 地域貢献活動による地域と密着した老健施設をいう。

超強化型老健 ・・・ 在宅復帰・在宅療養支援等指標70以上

老健の基本的役割及び加算型老健の要件に加え、在宅復帰に多職種で取組みを行い、退所者の内50%超が在宅(有料老人ホーム等を含む)へ退所する老健。 充実したリハビリテーションやベッド回転率、入・退所前後における訪問指導、その他が一定数に達している施設をいう。

広報誌 ゆめの懸け橋




施設の概要

部屋割り 全室個室
利用人数 100室の内特別室50室(1階20室、2階40室、3階40室)
療養内容 ユニットケア(2:1)1ユニット10名のユニット構成

所定疾患施設療養費について

アクセス

〒518-0131三重県伊賀市ゆめが丘4-1-5
TEL.0595-21-7322
FAX.0595-21-7325
三重交通「上野産業会館ターミナル」から高山行き「ゆめが丘停留所」下車 徒歩3分
名阪国道「友生I.C」より南西方面車で5分 アクセスページへ

ご利用いただける方

  • 市町村の介護保険法による要介護認定を受けられた方で、医療機関での入院等による治療が必要ない状態の方。在宅生活は介助を要するが、施設サービスをうけることにより比較的安定した状態となられる方です。
  • 要介護1~5の認定を受けられた方が対象です。(「第2おかなみ」につきましては、予防給付と認定された要支援1・2の方はご利用いただけません)
  • 「おかなみ」「伊賀ゆめが丘」の在宅サービス(短期入所療養介護・通所リハビリテーション)につきましては、要支援1・2、要介護1~5のいずれの方もご利用いただけます。
  • ご利用いただく前に、ご相談や施設見学のご希望等がございましたら支援相談員が承ります。

ご利用方法

 ご希望の施設または最寄りの施設へお申し込みください。
 受付させていただいた申込書は、各施設にて利用者様の心身の状態に適応するかを専門スタッフにて検討し、入所の決定をさせていただきます。入所が決定しましたら、施設担当者より連絡させていただきますので、ご利用施設へお越しいただき手続きをお願い致します。入所療養介護は原則として3カ月間の入所期間とさせていただきます。多数のみなさまに、ご利用いただくことを施設の基本方針としておりますので、ご理解ご協力賜りますようお願い致します。

ページのトップへ戻る