診療/各部門紹介

ホーム > 診療/各部門紹介 > 循環器科

循環器科

 岡波総合病院循環器科では、心臓・大血管疾患などの急性期医療から社会復帰に至るまでの慢性期医療を行っております。
 狭心症・心筋梗塞などの虚血性心疾患は、がん、肺炎と並んで日本人の3大死亡原因の一つです。当院ではカテーテルインターベンション治療を積極的に行っており、急性期予後の改善と高血圧、高脂血症、糖尿病といった動脈硬化危険因子に対する薬物治療を含む二次予防にも力を入れております。
近年、治療器具や技術の進歩によりカテーテル治療の成績は飛躍的に向上しました。当院は一部の施設にしか使用が認められていないロータブレーターの認定施設であり、スタッフ全員で高レベルのカテーテル治療を提供しております。
 他に末梢血管疾患に対する心機能改善、弁膜疾患・心筋疾患・心不全の治療、心臓リハビリテーションに対する心機能改善、徐脈性不整脈に対するペースメーカ手術、頻脈性不整脈に対する薬物治療、深部静脈血栓症・肺血栓塞栓床の治療などを行っております。
 これらの疾患に対しては、月曜から金曜日の日勤帯、夜間の救急対応日には対応可能で、伊賀の地域内で治療を完結できるように邁進しております。また内科的治療が困難な場合は心臓血管外科医による外科的治療も可能です。このように当院では循環器内科と心臓血管外科が協力し、患者様に伊賀で最適な循環器医療を行うため日々努力しております。
 高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙、肥満は動脈硬化の危険因子といわれています。このような危険因子が複数存在する方、胸が圧迫される、締め付けられる、ずつない、痛いなどの胸部症状、少し歩くと足が疲れる等の症状をお持ちの方、検診で心電図異常を指摘された方はお気軽にご相談ください。

医師紹介

理事長/ 院長

猪木 達
資 格 医学博士
日本内科学会認定内科認定医
日本循環器学会循環器科専門医
臨床研修指導医
日本医師会産業医
スポーツ医学認定医
専門分野 循環器疾患全般
虚血性心疾患
冠インターベーション
心不全

部 長

石瀬 卓郎
資 格 医学博士
日本内科学会認定内科認定医
日本静脈栄養学会TNT認定医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
専門分野 循環器疾患全般
虚血性心疾患
冠インターベーション
心不全
心臓超音波
末梢血管インターベーション

医 師

植木 博之
資 格 医学博士

医 師

八木 英次郎
資 格 日本内科学会認定内科医

診察協力施設

近畿大学医学部循環器内科学教室

施工可能な検査・治療

  • 心電図, 24時間ホルター心電図, 加算平均心電図, 運動負荷心電図検査
  • 心臓超音波検査, 頚動脈超音波検査, 末梢血管超音波検査
  • 冠動脈CT検査, 心臓MRI検査
  • 心臓カテーテル検査・血管内超音波検査・経皮的冠動脈インターベンション,
    末梢血管カテーテル治療, IABP(大動脈内バルーンパンピング), PCPS(経皮的心肺補助装置)
  • ペースメーカー植え込み術
  • 心臓リハビリテーション

ページのトップへ戻る