診療/各部門紹介

ホーム > 診療/各部門紹介 > 脳神経内科

脳神経内科

 脳神経内科は、頭痛、めまい、しびれ、ふるえ、まひ、歩きにくさ、意識障害、物忘れ、けいれんなどの症状を対象にしています。最近では高齢化社会を反映し、認知症が疑われて受診する方も増えています。
 これらの症状の中には、中枢神経(脳や脊髄)、末梢神経、あるいは筋肉に異常があったり、全身的な疾患に起因する場合があります。脳神経内科では時間をかけて問診と診察を行い、その後に必要な検査を行います。具体的な対象疾患として、脳血管障害(一過性脳虚血発作、脳梗塞、脳出血など)、神経変性疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、多系統萎縮性など)、認知症(アルツハイマー病、血管性認知症など)、免疫性神経疾患(重症筋無力症、多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーなど)、末梢神経疾患、筋疾患(筋炎、筋ジストロフィーなど)、てんかんなどこの他にも内科の疾患に伴う神経症状も数多く扱っています。

 残念ながら現在の所は病棟がなく、水曜日、木曜日の限られた時間だけしか外来診療ができません。そのため予約制とさせていただいております。かかりつけの医療機関で紹介状を書いて頂き、予約を取って受診していただくようにお願いします。

ページのトップへ戻る