診療/各部門紹介

ホーム > 診療/各部門紹介 > 心臓血管外来

心臓血管外来

 岡波総合病院心臓血管外科のページをご覧いただきありがとうございます。
 当院の心臓血管外科は平成12年12月に現副院長の家村が赴任したことを期に開設され、平成14年5月に開心術を開始し現在に至っております。現在は、心臓血管外科専門医3人を擁し、さらに非常勤でも国内では有数のStent graft挿入術の施行数を有する心臓血管外科専門医に来院していただいております。また、麻酔科にもJB-POT(日本周術期経食道心エコー認定医)の資格を持った医師が常勤しており、常に協力しながら手術、術後を管理しており、三重県でも有数の充実したスタッフの施設といえると思います。
 また、当院の特徴としては医師の充実だけではなく、レベルの高い臨床工学技士や、協力的な看護スタッフの皆さんをはじめ多くの職種の方々と非常にいい関係でチーム医療ができていることがあげられます。このことが当科での安全性の高い医療の提供につながっており、現在の低い手術死亡率に直結していると考えています。
 具体的には、ここ数年徐々に心臓手術の件数は増えてきておりますが、高齢化社会に伴って90歳以上の冠動脈バイパス術や、85歳を超える方の弁手術等も必要に応じて行っております。また、一般的にはバチスタ手術で有名な左室形成術なども行っています。
 当科の最も基本としていることは患者様の立場でその患者様の状態に合った治療を選択し提供することにあります。これまでは医療の進歩とともに不可能なことが可能となり、それをどんどん適応していくという時代でした。しかし、近年それらの医療が本当に患者様のために役に立ったのかどうかが検証されるようになり、場合によっては治療が患者様のためになっていない場合があることがわかってきています。すなわち、治療を「できるから」する時代から「患者様のためになるから」する時代へ変わってきているといえるでしょう。このことを踏まえ、常に患者様を中心に、患者様の将来をみすえた治療を行うことを心がけています。
 充実したスタッフでチームを組み、最大限安全に配慮し、患者様の立場に立って、最良の医療を提供していくことを目標に努力しております。心臓や血管の病気が気になる方や、手術が必要と言われ不安に思っておられる方は、是非当科スタッフにお声かけください。患者様と一緒に、今後の治療について相談させていただきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

手術対象疾患

  • 狭心症 / 心筋梗塞
  • 心臓弁膜症
  • その他心疾患(先天性心疾患 / 心臓腫瘍 / 閉塞性肥大型心筋症など)
  • 胸部 / 腹部大動脈瘤(血管内治療EVAR含む)
  • 閉塞性動脈硬化症など手足の血行不良症例/血管疾患
  • 静脈瘤、うっ滞性皮膚潰瘍
  • 徐脈性不整脈(ペースメーカー植え込み術対象例)
  • 肺癌
  • 自然気胸
  • 胸部 / 縦隔腫瘍
  • その他

医師紹介

副院長

家村 順三

三重大学医学部 臨床教授

資 格 医学博士
日本外科学会 専門医・指導医
日本胸部外科学会 指導医
日本心臓血管外科学会 専門医・修練指導者
日本循環器学会 専門医
日本脈管学会 専門医
日本静脈学会 血管内レーザー治療指導医
日本医師会 認定産業医

部 長

山本 芳央
資 格 心臓血管外科専門医
日本胸部外科学会 認定医
日本外科学会外科 専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本DMAT隊員

医 長

神原 篤志
資 格 医学博士
外科専門医
心臓血管外科専門医
日本心臓リハビリテーション学会指導士

特 色

 伊賀、名張地区には他に心臓手術はもとより血管や肺の手術を行っている施設がないので当域外に通うのが困難な方や当院での手術を希望してくださる患者様のために、それぞれ少数ながらほぼすべての手術を行っています。

 地域の人口構成から高齢者の手術の割合が都会の施設に比し高いのではないかと思われます。年齢や重症度で手術を避けることはしない方針で、患者様ご本人が望めば施行させてもらっています。このため、それぞれの手術最高齢は冠動脈バイパス術で93歳、弁置換術88歳、解離性大動脈瘤85歳、腹部大動脈瘤87歳、下肢血行再建術(バイパス術)94歳、ペースメーカー植え込み術96歳、肺癌肺切術81歳などであり、幸いこれらの方々は元気に退院してもらいました。

平成29年手術件数と主な内容

疾 患 症例数
10
虚血性心疾患 19
上行置換・弓部置換術 5
その他 1
心臓、人工心肺 35
腹部大動脈瘤 14
(EVER 5)
末梢血管 8
腹部大血管、末消血管手術 22
静脈瘤 56
ペースメーカー 25
肺(VATS) 2
(内 気胸 2)
その他 31
171件

ページのトップへ戻る