診療/各部門紹介

ホーム > 診療/各部門紹介 > 看護部

看護部

 家族のような優しさを持って、仕事やイベントに取り組み、地域の皆さまに愛され、信頼していただける看護部を目指します。

看護部からのお知らせ

お知らせはありません。

看護部お知らせ一覧

看護部長あいさつ

看護部長

松島 由実(認定看護管理者)

 医療技術の発達や少子高齢化の進む医療現場において、看護の質を確保し適切な看護ケアを実践するには、その変化に柔軟に対応していくことが不可欠です。当法人は、救急医療から在宅看護、高齢者介護にいたるまで、看護の力を発揮するさまざまなステージがあります。 患者さまのために、自分自身のために、一生懸命頑張る人でありたい、良き伝統を受け継ぎさらなる成長を続ける組織でありたいと思います。
詳しくは『看護部の紹介ページ』をご覧ください。

副看護部長

加藤 順子

副看護部長

濱野 飛鳥(感染管理認定看護師)

令和3年度看護部の目標

1.感性と考える力を高め、人を大切にする看護・介護を実践する。
2.患者(利用者)の受け入れや病床機能の円滑な運用などを通して、地域のニーズに貢献する。

目標を達成することにより、看護と介護の質的向上とともに、看護職みずからの
「やりがい」「達成感」「看護の楽しさ」につなげていきたいと思います。

概 要

病床数

・岡波総合病院335床
 一般病床:249床
 回復期リハビリテーション病棟:50床
 障害者病棟:36床


・介護老人保健施設:350床
・訪問看護ステーション「おかなみ」

職員数 看護師:270名
ケアワーカー:172名(介護福祉士102名)
クラーク:29名
看護配置 一般病棟10:1

スタッフ紹介

中央館 1F外来 2F外来

中央館 1F外来 2F外来のスタッフ

 外来治療棟は、19診療科があり、地域の救急医療を担っています。スタッフ一同「外来は病院の顔」という思いを持ち、笑顔をモットーにいつでも声をかけていただけるような雰囲気や細やかな配慮を心がけています。
住み慣れた伊賀の地でその人らしい生活が続けられるよう、医師・コメディカルが一丸となり“おかなみさんに来てよかった”と思ってもらえる医療・看護を提供することを目指しています。

N2病棟

N2病棟のスタッフ

 障害者施設等病棟は、急性期治療を終えられた重度の肢体不自由や意識障害となられた方、神経難病の方を中心に入院していただく病棟です。
 患者さまがその人らしく快適に療養生活を送れるよう環境を整え、さらにはご自宅への退院準備が整った方や、他施設での療養を望まれる方など、それぞれの患者、家族様の意向をお聞きし、多職種と連携しながら治療・ケア・退院支援を行っています

N3病棟

N3病棟のスタッフ

 N3病棟は、主に脳神経外科の患者さまが入院されます。一般社団法人脳卒中学会による一次脳卒中センター(PSC)に認定され、脳卒中の急性期に迅速に対応し、治療、看護を行っていきます。
 患者さまの症状に合わせ、患者さまの持てる力を最大限に引き伸ばし、患者さまが大切にしている事や過ごしてきた生活背景を考えた看護が行えるようスタッフ一人ひとりが頑張っています。

C3病棟

C3病棟のスタッフ

 一般内科・血液内科・循環器科・心臓血管外科疾患の患者さまが入院されています。心臓疾患では、慢性心不全認定看護師ともに、知識の研鑽に努め、笑顔あふれるチームワークで患者さまに寄り添い、専門性の高い医療・看護の提供をおこなっています。
 「この病棟で治療してよかった」と思って頂けるよう、心の込もった医療を目指しています。

C4病棟

C4病棟のスタッフ

 C4病棟は、小児科、婦人科、内科の混合病棟です。小児科では、24時間体制で緊急入院の受入れを行い、子供たちが不安なく、またご家族が安心して入院生活が送れるよう療養環境を工夫し治療、看護を行っています。
  婦人科では、手術だけでなく癌化学療法、緩和ケアに力をいれ、緩和ケアチーム、退院支援看護師と連携をとりながら患者さまが求める支援、看護を行っています。

C5病棟

C5病棟のスタッフ

 当病棟は、60床を有する整形外科と眼科の混合病棟です。骨折や脊椎・関節疾患で手術を目的に入院される方が大半です。手術を安全に受けられ、術後の早期離床を目指して看護しています。
 眼科は主に白内障手術や黄斑変性症の治療を受けられる方が入院されます。いずれの診療科においても、医師や多職種(MSW・栄養士・薬剤師・理学療法士)とのカンファレンスを積極的に開催し、情報の共有を図り、より良い看護を実践できるよう日々努力しています。

E3病棟

E3病棟のスタッフ

 E3病棟は伊賀管内では数少ない泌尿器科の入院病棟です。泌尿器疾患の検査や結石破砕、手術治療、化学療法を行っています。また、がん性疼痛の患者さまに対しては、がん看護専門看護師と連携をとり痛みのコントロールを行っています。 患者さん一人一人に誠意をもって看護を行っています。

E4.5病棟

E4.5病棟のスタッフ

 E4・5病棟は、主に消化器(食道、胃、大腸、小腸、肝臓、膵臓、胆嚢)疾患の患者さんが入院される病棟で、消化器内科および消化器外科の患者さんが大半を占めます。
外科では手術療法や化学療法を行い、内科では先進的な内視鏡治療を積極的に行っています。また、癌の終末期の患者さんには苦痛のないように緩和ケアチームと連携を取りながら緩和医療の提供も行っております。

W2.3病棟

W2.3病棟のスタッフ

 当病棟は脳血管疾患、大腿骨骨折などの急性期治療を終えた患者さまが、日常生活全てをリハビリと捉え、集中的にリハビリを行う伊賀地域唯一の回復期リハビリテーション病棟です。
個別訓練の他に集団立ち上がり訓練やアクティビティー(体操や工作、季節に応じた企画など)を積極的に開催し、患者さまとともに「できたこと」を喜びながら、医師、看護師、セラピスト、介護士、栄養士、ソーシャルワーカーがチーム一丸となって在宅復帰を目指しています。

手術室

手術室のスタッフ

 当手術室は外科、脳神経外科、整形外科、心臓血管外科など8つの診療科が手術を行なっています。年間の手術件数は約2400件で、24時間、365日緊急手術にも対応しています。
私たち手術室スタッフは、進歩する手術医療に対応できるように専門職として、日々研鑽を重ね、手術を受ける患者様の【安全と安心】を最優先に医療、看護を提供しています。

内視鏡室

内視鏡室のスタッフ

 内視鏡室では、検査を受ける前の不安や恐怖心、検査中の苦痛などを少しでも和らげることができるよう、受ける方の立場に立って声掛け、タッチングを行っています。日々進化する医療レベルに伴い、医師をはじめ看護師、臨床工学技士がそれぞれの専門性を発揮し、安心、安全に検査が受けられるような環境づくりに努めています。

透析室

透析室のスタッフ

 透析室では、長時間の体外循環を安全、適正に遂行するとともに、笑顔で日常生活を送っていただける環境を整えられるよう、健康管理やそのための生活指導を行っています。
足病変にいち早く気づくことができるフットケア体制も充実し、医師・看護師・臨床工学技士が個々の専門性を活かし、患者さん中心の安心で安全な医療を提供できるよう心がけています。

スペシャリストの紹介

より高い専門性を持った看護師がケアの実践、職員の指導や相談に応じるとともに、病院、老人保健施設、訪問看護、地域など、幅広い部門で活躍しています。

がん看護専門看護師

中 滉子

 がんは、医療の進歩により「病と共に生きる」病気になってきています。そのため、がんと診断された時から患者様、ご家族の不安や苦痛を和らげ、様々な意思決定を行うためのサポートを行っています。 おひとりで苦しまず、どうかご相談ください。一緒に対処する方法を考えましょう。

老人看護専門看護師

市川 智子

 疾患による体調不良や環境変化など入院に伴い、高齢者には様々な問題が生じます。そのため、高齢者と家族の思いに寄り添いながら、多職種とともに問題に取組んでいます。 それらの活動を通し、高齢者と家族が望む生活が送れるよう、またその人らしい最期の時間が過ごせるよう支援しています。

感染管理認定看護師

村田 幸

 私の役割は、医療関連感染を防止し、当法人の病院・施設に関わるすべての人々を感染から守るために、感染管理活動を推進していくことです。看護職員への指導に力を注いでいます。 また、感染対策チームのメンバーと協力し合い、現場の感染対策に努めています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

東雲 洋美

 当院は2019年9月より一次脳卒中センターの認定を受け、地域の医療機関や救急隊からの要請に対して、24時間365日脳卒中や脳卒中を疑う患者様を受け入れています。 脳卒中ケアチームメンバーと共に脳卒中後の重篤化回避を行い、患者様の持てる力を活かし たリハビリテーションの実施と生活の再構築のためのケアを実践していきます。

慢性心不全看護認定看護師

林 愛希仁

 心疾患は日本の死因第2位を占めており、その大部分が心不全です。心不全は少しずつ悪化し、日常生活に影響を来すことが多いため、発症予防や療養生活への指導がとても重要になります。 患者さまがご自身の心臓と上手に付き合い過ごしやすいように、また家族がそれを支えられるよう活動していきたいと思います。

認知症看護認定看護師

城井田 浩二

 認知症は誰もがなりえます。認知症者の意思が尊重され、症状や病態の悪化を防ぎながら住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けることができるように活動していきます。

ページのトップへ戻る